コンテンツ一覧

立派な映像作品に仕上げる

女性

ナレーションの入れ方

誰でも映像作品を作れる時代ですが、本格的な作品に仕上げる時は録音スタジオを使います。例えば結婚式のための映像作品は一生の記念になるので、録音スタジオでナレーションを入れた方が立派な作品になります。初めての場合は事前に準備しておくことがあります。録音スタジオを借りる場合の費用ですが、時間制になっている所が多いです。段取りが悪いとうまくナレーションの録音ができずに時間がかかり、費用もかさんでしまいます。事前にスタジオ収録の計画表を作成しておき、それに従って進めるようにします。そのためにはナレーターを決める必要があります。プロに依頼するのかスタッフの1人が担当するのかによって進行状況が変わってきます。プロのナレーターなら段取りを飲み込んでいるので、時間内にスムーズに進みます。素人の場合はなかなかうまくいかないので、事前に練習する必要があります。録音スタジオを借りてナレーションを吹き込む時に、現場に立ち会える人数について確認しておきます。小さな録音スタジオだと数人しか入れない場合があり、ナレーターの数が限られてしまいます。また録音する形式についても録音スタジオ側のスタッフと打ち合わせをしておく必要があります。今はWAVやMP3など色々な形式で録音保存できるので、作品の利用法も含めて相談をします。ナレーションで大切なのは事前に原稿を用意しておくことです。1分間に読み上げられる分量は250時から300時と言われています。そしてこれらの事前準備を指揮するディレクター的存在を決めておくことが大事です。